ぽよブロ

気になった最近の話題をブログにつづります!

MENU

チャイルドシートで後悔する前に。3つの事故原因と抜け出し防止対策

子供が産まれると

何かと気にする必要がありますよね。

 

特に車に乗る人は、

チャイルドシートをつける必要があります。

 

しかし、このチャイルドシートは、

正しく使わないと、事故につながることもあります

 

せっかくチャイルドシートを使っているのに、

後悔はしたくないですよね。

ここではチャイルドシートでの事故や

使い方について解説をしていきます!

 

 

 

 

 

チャイルドシートの使い方と事故が起こる原因

 

 

 

チャイルドシートは、6歳未満の子供が

車に乗る際には義務付けられています。

交通事故に遭っても子供を守れるように、

必ず準備し、正しく使う必要があります。

 

このチャイルドシートの使い方を誤ると、

事故につながる恐れがあります。

 

チャイルドシートの事故が起こる原因

チャイルドシートの事故が起こる原因としては

以下のことが挙げられます。

 

 

・しっかり固定をされていない

 

チャイルドシートは、シートベルトを使って

しっかり固定をする必要があります。

 

固定がされていないと、事故の衝撃で

チャイルドシートが飛び出してしまうなど

子供の安全と命に関わる恐れがあります。

 

チャイルドシート

しっかり固定していないことによって、

事故を起こした運転手は無事でも、

チャイルドシートに座っていた子供に

危険となる恐れがあります。

 

チャイルドシートをつける際には、

しっかりと説明書を読んで固定をするようにしましょう。

 

 

・ベルトが緩い

 

チャイルドシートのベルトや

車のシートベルトが緩い場合にも、

事故に繋がってしまうことがあります。

 

子供はチャイルドシートを嫌がって

暴れてしまうことがあります。

 

その際ベルトが緩いと

チャイルドシートが外れてしまったり、

ベルトが子供の首に絡まって

呼吸を妨げてしまうことがあります。

 

車内に運転手一人しかいない場合、

そのような異常にも気がつくことができません。

 

チャイルドシートに子供に乗せる場合には、

取扱説明書通りしっかりと

ベルトをしめるようにしてください。

 

 

エアバッグによる事故

 

チャイルドシートは、

後部座席につけるように義務付けられています。

 

その理由としては、助手席だと事故時に

エアバッグが作動をしてしまうからです。

 

車内に運転手一人の場合だと、

助手席にチャイルドシートをつけたほうが

安全だと思いがちです。

 

しかし助手席にチャイルドシートをつけていると

万が一の事故の時にエアバッグが作動をしてしまい

子供に衝撃が加わってしまいます

 

大人の場合には命を守ってくれるエアバッグですが、

子供の場合には衝撃が強すぎて、

かえって危険になります。

 

エアバッグが原因で怪我をしたり

窒息をする恐れがあるので

気をつけるようにしましょう。

 

このようにチャイルドシートをつける際には

正しくつけることを心がけるようにしましょう。

 

 

新生児の場合はベッドタイプ

特に新生児の場合にはリラックスができる

ベッドタイプにして、

ベルトで体を固定してあげることが大切です。

 

また、側面をしっかり守ってくれるタイプも

ありますので、

しっかりと赤ちゃんを守ってくれる

チャイルドシートを選んでください。

 

自治体によってはチャイルドシート

貸し出してくれる場合もあります。

 

チャイルドシートは買うと

結構なお値段がしますが、

子供の命を守るためには必要不可欠です。

 

買うでも良いですし、借りてでも良いので、

しっかりとチャイルドシートを準備するように

してくださいね。

 

 

チャイルドシートの抜け出し防止が必要!危険なのはどうして?

 


 

 

チャイルドシートの抜け出し防止についても

考える必要があります。

 

子供は、長時間チャイルドシートに座っていると

どうしても暴れてしまうことがあります。

 

そうなると上記のように

いつの間にかチャイルドシートから抜け出す、

ベルトが首に絡まるなどして大変危険です

 

そして運転手一人だと

その場合にも対応をすることができません。

 

シート抜け出し防止対策

子供のチャイルドシート抜け出し防止するためには、

以下のような工夫をするようにしましょう。

 

 

・抜け出し防止ベルトを使う

 

日本育児 Newぬけないぞー(チャイルドシート 抜け出し 防止 送料無料)

 

チャイルドシート抜け出し防止をするために

専用のベルトがあります。

 

通常のチャイルドシートのベルトに加えて使う、

側面全体を覆うようなタイプのベルトになっています。

 

布面積も広くなっているので、

子供が暴れてもチャイルドシートから

抜け出すことができません。

 

また生地としてもメッシュ素材になっているので、

蒸れることなく長時間使い続けることができます。

 

 

・安全ベルトを使う

 

ハーネスクリップ (抜け出し防止)

 

チャイルドシートのベルトだけだと

抜け出してしまうという場合には、

加えて安全ベルトを使うようにしましょう。

 

こちらはハーネスのように

胸の位置でもしっかりとベルトで固定をしてくれるので、

よりチャイルドシートに子供を安定させて

座らせることができます。

 

このようにチャイルドシート抜け出し防止グッズを使って、

より安全に子供を守るようにしてくださいね。

 

 

まとめ

 

 

 

チャイルドシートは、子供の命を守るためには

欠かせないものとなっています。

 

しかし正しく使用しないと

かえって事故を起こす可能性があり、注意が必要です

特に新生児の場合には、安全性の高いチャイルドシート

使うようにしてください。

 

また、子供をチャイルドシートに乗せる場合には

抜け出し防止にも気を配るようにしましょう。

 

抜け出し防止グッズはたくさんあるので、

それらを利用してしっかり子供を守るようにしてください。

 

そしてお子様と一緒に安全なドライブを楽しんでくださいね。